×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



商品を持っていなくても、その商品をサイト上で自由に売れるシステムのこと。
持ってない商品を売ったら詐欺なんじゃ・・・・っていうことにはならないように 注文が入れば、自動でメーカーさんが直接商品を発送してくれます。
つまり自分は売るために宣伝して、売れた後はASPやメーカーが全部やってくれます。
これはとても便利だね。なぜなら、在庫を持つ必要がないのだ。
(売れ残りが発生しないっていうことだよ)

さらに、ドロップシッピングの特徴として、自分で商品の値段をつけられる。
もちろん下がり過ぎては、とんでもないことになるから、最低限度額っつうのが設定されていて
その金額以上下げれないって言う決まりはある。
実際売る商品は、ドロップシッピングのサービスを行っている業者のサイトと契約し、その業者のカタログを見て選択出来る。
これで、君だけの通販サイトが完成だ!!
月商200万円を目指してがんばろう!!


突然ですが当サイトは決してドロップシッピングを推奨している訳ではありません^^;
その逆です。次へ・・・・・。

当方まだドロップシッピングは継続中ですが(半年)、8万円の広告費の赤字が出てしまっている。
誰か買ってください。本当に。
SEO対策もしているのになぁ。

1つ目のサイトは時計を販売しているサイト。
現在キーワード2つで平均7位表示、1日のアクセス120前後、一週間に2つぐらい売れる。
結果、広告費の方が勝り、赤字赤字のオンパレード。

2つ目のサイトは羽毛布団を販売しているサイト。
現在キーワード2つで平均12位表示、1日のアクセス30前後、2週間に1つぐらい売れる。
結果、またもや広告費の方が勝り、赤字の運動会や〜;-;

3つ目のサイトは美容、健康、ダイエットサイト。
現在キーワード2つで平均20位表示、1日のアクセス80前後、一週間に1つぐらい売れる。
結果、これも広告費の方が勝り、まっかっか〜のまっかっか〜。

※サイトのデザインや、売り方が悪いのでは、という人は5万といるけれど、そのような意見を取り入れていたら  きりがないので、私のこの結果が、ドロップシッピングの基準として公表、語らせて頂きます。

無残にも0勝3敗に終わった。
高校野球で例えるなら、予選の初戦でコールド負け状態。
全然売れません。
さらにこの不景気が追い討ちをかけているのは言うまでもない。
もうそろそろ見切りを付けて閉店ガラガラだ!!

儲からない理由
まず、ドロップシッピングに参加して、出店している数が半端なく多いということ。
各ドロップシッピングのサイトで店舗数15万件突破!!とかって宣伝してるけど 自分から見たら、それだけの店舗が競争してるってことでしょ?
また、それだけ多いと必然的に商品の販売価格も最低限度額にする輩がどんどん増えていき、最終的に最低限度額に設定しないと売れなくなる。

販売価格の自由を謳っているドロップシッピングだがその実態は

販売価格 = 最低限度額
の固定価格ということになる。

最近ではメーカー側が、このドロップシッピングという販売形態に懸念を抱いている。
だって、すぐに商品の値段が下がるんですもの。

大勢の販売のど素人にやらせるからこういう結果になるのは見えていたはず。
そう考えると、ASPは確信犯ともいえるのだ。

 
お金は、お金がある人のところに集まるのだ。これ常識。