×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



  良く「儲かる」と言うが、一概に「儲かる」と感じる価値は人それぞれだ。

  自分のおかんは1円でも拾ったら、幸せそうな顔をして「日ごろの行いがよかったから神様がくれたの」と言っていた。
まあ、おかんにしてみれば1円でも儲かったと言うことなのだ。

  でも、自分の儲かったといえる価値感は違う。

  例えばネットショッピングのサイトで1円でも利益が上がったら、それは利益を得たと言えるが、決して「儲かる」という感じではない。

  あなたの「儲かる」と感じる金額はいくらなのか?
百円?千円?一万円?それ以上?
人間の欲望を言えば切りがないが、これからは私の「儲かる」と感じる金額を基準として、話を進めていく。


  上の表は月の利益の金額。
これを見て「なんじゃこりゃぁぁぁ!」や「話にならないね」と言わずに読んでくれ。
逆に「まあ、こんなもん」「ちょっと少ないんじゃない?」と思った人も黙って読んでくれ。
  「無理」と思った人は実際、ネットビジネスではお小遣い程度稼げれば良いと思っているはずだ。
  それとは逆に感じた人は、本格的に本業を辞めてでもネットビジネスをやりたいと思っている人だ。
自分は後者にあたる。
それからしてみれば最低でも「儲ける」と感じる金額を月々稼ぎたいものだ。
さらに表の項目を一つ一つ説明していく。

0円未満とはマイナスなので赤字だ。これは到底「儲けた」に程遠いと言って良い。

1円〜千円はお小遣いと言うよりむしろお駄賃。

千円〜一万円はせいぜいタバコ代ぐらい。

一万円〜三万円はお小遣いに当たるが、同僚や部下に飲み代を奢るには至らない。

三万円〜十万円は大きいお小遣いで、同僚や部下に飲み代を奢れるが、これだけでは生活するには至らない。

十万円〜三十万円はすこし稼げたと言う金額。やはりこれだけで生活するにはまだ不安が残る。

三十万円〜百万円はやっと稼げたと言う金額。これだけあれば生活が出来る物の、不景気などの場合は売り上げが上下する為安心出来ない。

百万円を超える金額は「儲けた」と言う額。 これだけあれば余裕をもって生活が出来る。本業などする必要が無い。不景気などの場合で売り上げが上下してもなんとかやっていける金額だ。

  そう、つまりこの定義から行くならば100万円は稼がないと儲かっていないことになる。
これはあくまで広告費などの経費は別。
だって、いくら100万円稼いでも広告などの経費に95万円ぐらい使ってたならば、全く意味が無い。(そういうサイトはザラにある)

売れ行きが悪くなったら一気に赤字転落。

  あと、売り上げ200万円突破!!っていうサイト、よくあるよね^^
あくまで「売り上げ」だから、そこから商品の仕入れ値や広告費などの経費を省くと数万円の利益しか出ていないと言うことを見抜かなければならない。

 
お金は、お金がある人のところに集まるのだ。これ常識。